セルライトは「皮下脂肪」とは違うの?

やせたい人

皮下脂肪がよりやっかいな状態

セルライトについて、よく疑問に思われることのひとつが「セルライトってそもそも皮下脂肪じゃないの?」という点です。これは結論から言うと、「セルライトと皮下脂肪には密接な関係があるが、完全なイコールではない。皮下脂肪がよりやっかいな状態になってしまったものがセルライト」というところです。

どういうことかというと・・・普通の皮下脂肪が溜まりすぎてしまうと「使い道のない脂肪」としてじょじょに固まり始めてしまい、その際に老廃物などを取り込んでしまう、という感じになるんですね。

この状態になってしまった皮下脂肪がセルライト、というわけです。「すぐに使われる予定がありそうな脂肪」というのは、いつでもすぐに使えるよう比較的やわらかい状態でいられるのですが、セルライトはハッキリ言えば「もう使われないだろう」と体に判断されてしまった「皮下脂肪のなれの果て」ということになります。

セルライトは落ちにくい!

セルライトのやっかいなところは、「人体にある脂肪の中でも、もっとも落ちにくい」というところです。セルライトの「元」となる皮下脂肪でさえ、内臓脂肪と比べるとかなり落ちにくいものなのですが、セルライトはその皮下脂肪よりさらに固くなって、しかも老廃物などの不純物まで巻き込んでしまっているので、かなり頑固な状態になってしまっているわけですね。

肌がボコボコしてしまうのはどうして?

よく「セルライトのあるところは肌がボコボコしてしまう」と言われますが、あれも「セルライトとなってしまった脂肪に柔軟性がないから、なめらかにはならない」と考えると、セルライトの頑固さがイメージしやすいのではないでしょうか。

たとえばセルライトが溜まった太ももなどをつまむとボコボコしたものが出ますが、たとえぽっちゃりさんでも「頬をつまむと頬がボコボコ」というのはめったにありませんよね。これは、頬は「物を食べたりしゃべったり」という感じでよく動かすので、頬周りの脂肪がセルライト化していないからです。

浸透テクノロジーを採用したスリムクリーム

そんなセルライトを溶かすのが…

最先端の浸透テクノロジーを採用したb.glenスリムクリーム公式サイト