セルライトを除去するマッサージ法

体重を計る女性

セルライトは「普通にマッサージするだけ」では落ちない!?

セルライトは、皮下脂肪が老廃物などを巻き込んで固くなってしまった状態なので、「普通にもむようにマッサージするだけ」ではなかなか落ちません。普通にもむ程度のマッサージ法では、セルライトどころか普通の皮下脂肪さえ、落とすことに苦労するくらいですからね。

では、自宅でセルライトを除去するマッサージをやろうとしても、それは無理なことなのでしょうか?

自宅でのセルライト除去マッサージは「プラスアルファ」が必要!

自宅でセルライト除去をしたい場合、普通のマッサージ法「だけ」では効果はほとんど得られないでしょう。ですからここに、何らかの「プラスアルファの要素」を加える必要があります。

まず、プラスアルファとして加えたいものといえば「温熱」ですね。セルライトは老廃物を巻き込んでいるとはいえ、その主成分は「脂肪」なわけですから、脂肪をやわらかくするにはまず「セルライトがある部分をよく温める」というのが効果的というわけですね。遠赤外線の温熱器などがあれば、それでセルライトが気になる部分を温めればいいのですが、なければたとえば冬場は「コタツにしばらく入った後にマッサージをする」などといった工夫をするのもいいでしょう。

セルライト用のグッズが何ひとつない人のための応急処置

「セルライト用のマッサージ器具やジェルやクリームなど、そんなものは今のところ、自宅に何ひとつない」という人は、とりあえずそれらを手に入れるまでの応急処置として「コーヒーのかす+オリーブオイル」を使ってみるといいですよ。実は、セルライト対策のジェルやクリームの中には、カフェイン成分が含まれているものが結構多いんですよね。コーヒーかすにもカフェインが含まれているので、それの代用品にしよう、というわけです。

コーヒーかすをオリーブオイルで練ってクリーム状にし、セルライトが気になる部分にたっぷりつけてからラップをかぶせ、数十分放置。その後はざっと洗い流してから、ハンドマッサージでセルライトをもみほぐすようにすればOKです。

ただし、この「コーヒーかす+オリーブオイル」というのは、あくまでセルライト除去クリームの「苦肉の策の代用品」に過ぎません。カフェイン以外の有効成分はないわけですから、それほど高い効果が期待できるものではありません。「ないよりはマシ」という程度だと考えておいて下さいね。

器具によるマッサージや、ジェル・クリームなどをプラスしよう

セルライトは頑固な脂肪なので、たとえ温めても、それだけでそう簡単に分解されるものではありません。温めたあとは、素人が普通にハンドマッサージをするよりも、セルライト用のマッサージ器具を使ったり、ハンドマッサージの効力を助けてくれそうなジェルやクリームを利用する、というのがおすすめですよ。