90%以上の方が、引き締まらないクリームを選んでいる

あのクリームこそ最強のダイエット法だと思ったのに…(star)

やせたい人

いろいろなダイエット法を試してみて、今度こそせっかくお腹回りや下半身太りを解消できるのでは…?と期待しながら塗り続けたセルライトを溶かす除去クリームが思ったほど効果がなかったという経験は、管理人もあります。

太ももが細くなったら、どんな服を着ようかな(笑)。な〜んて期待していたのに…。期待するほうが悪いのでしょうか?そんなことはないはずです。

セルライトを溶かすクリームを選ぶ基準

  • 脂肪やセルライトを溶かすクリーム
  • ダイエットはしたけどお腹は痩せなかったという悩みの解消
  • 下半身太りの悩みを解消できる
  • 脚のむくみを解消できる
  • 太ももの裏のセルライトを除去する
  • こんな基準もあり?〜効果に満足できなかったら返金!

浸透テクノロジーを採用したスリムクリーム

これらの基準をクリアし、脂肪を溶解&セルライトを溶かすための浸透テクノロジーを採用したスリムクリームとは?
 ↓ ↓ ↓


浸透すれば、99%引き締まる!

●効果がないのは浸透していないから

下半身太り解消のために使われてきた今までのセルライト除去クリームはもちろん、ほとんどの化粧品につかわれている成分そのものは、バイオテクノロジーの研究が進むとともに大きく進歩しました。しかしその強力な成分を肌の奥に送り届ける技術は、最近までほとんど進歩が見られませんでした。

どんなに効果的な成分でも脂で覆われた人の肌にその成分を浸透させることは非常に難しいことなのです。

実は、これまでに発売されたセルライト除去クリームの多くは配合成分を肌に浸透させるどころか、本来の効果を発揮しないままシャワーで流されてしまっていたのです。

●下半身太りの原因は?

下半身太りの原因の第一位はむくみです。むくみは老廃物が溜まった状態です。本来はリンパ液が老廃物を流してくれるのですが、毎日の立ち仕事、座りっぱなしの姿勢などで、リンパ液の流れそのものが悪くなってしまう例が多いのです。

やせたい人

これ以上太らないように、テレビを見ながら、お風呂につかりながら、マッサージを行いリンパの流れを良くするように心がけましょう。

しかし、すでに脂肪のまわりに付いてしまった老廃物は、セルライトとなってさらに血液やリンパの流れを悪くします。ですからマッサージを行うだけでなく、さらにこのセルライトも改善しなければ、脚をきれいにしたり腰周りを引き締めることはできないのです。

脇腹、下腹部、太もも、お尻などについた脂肪は、マッサージだけでは解消できません。運動は有効ですが、腹筋運動やスクワットなどのキツいトレーニングが必要です。

でも・・・、そんな修行みたいなことを毎日続けられますか?

それよりも科学的に実証された脂肪分解成分を配合したクリームをやせたい部分に浸透させる方が、確実に結果が期待できます。

しかし有効成分が浸透し、脂肪を溶解&セルライトを除去するスリムクリームとは、どのようなテクノロジーを活用したものなのでしょうか。

セルライトを除去するジェル・クリームについて

セルライトを除去するジェル・クリームは存在するのか?

やせたい人

セルライトを除去するためのジェルやクリームはいろいろ販売されていますが、いろいろ使ってみて「塗るだけでセルライトがみるみる落ちる」などという、夢のような商品はやはり存在しないのか〜と諦めた方、ちょっと待ってください。

効果がなかったという失敗談も世の中にはたくさんありますが、そうした失敗談の中には、「ジェルやクリームだけでセルライト除去ができると思い込んでいたための期待はずれ」というものも、少なからず含まれているのです。

一般的なセルライト除去クリームの存在意義は?

では、セルライト除去のためのジェルやクリームは何の役に立つのかというと、“一般的”には「その部分に温感をもたせるなどして血行を促進し、セルライト除去マッサージなどの効果が出やすくするための手助けをする」というポジションにあるものだと考えて下さい。

実際、セルライト対策用として販売されているジェルやクリームのほとんどは、塗った後のマッサージや美容器の併用を勧めているはずです。そうした勧めにしたがって適切な対処をすれば、少しずつでもセルライトを除去していける可能性はあるのです。

ついに誕生、即効性の高いセルライト除去クリーム

やせた人

しかし、脂肪分解成分であるカフェインとフランスで話題となっている天然痩身成分ライポケアを配合した、セルライト除去に即効性の高いクリームが誕生しました。

このクリームは、国際特許を取得し医療現場で使用される浸透テクノロジーを採用し、今までの痩身クリームでは届かなかった脂肪細胞まで有効成分が到達し、塗るだけでセルライト除去効果が期待できるものです。


ここで質問 〜 セルライトは「皮下脂肪」とは違うの?

セルライトについて、よく疑問に思われることのひとつが「セルライトってそもそも皮下脂肪じゃないの?」という点です。これは結論から言うと、「セルライトと皮下脂肪には密接な関係があるが、完全なイコールではない。皮下脂肪がよりやっかいな状態になってしまったものがセルライト」というところです。

皮下脂肪がよりやっかいな状態

やせたい人

どういうことかというと・・・普通の皮下脂肪が溜まりすぎてしまうと「使い道のない脂肪」としてじょじょに固まり始めてしまい、その際に老廃物などを取り込んでしまう、という感じになるんですね。

この状態になってしまった皮下脂肪がセルライト、というわけです。「すぐに使われる予定がありそうな脂肪」というのは、いつでもすぐに使えるよう比較的やわらかい状態でいられるのですが、セルライトはハッキリ言えば「もう使われないだろう」と体に判断されてしまった「皮下脂肪のなれの果て」ということになります。

セルライトは落ちにくい!

セルライトのやっかいなところは、「人体にある脂肪の中でも、もっとも落ちにくい」というところです。セルライトの「元」となる皮下脂肪でさえ、内臓脂肪と比べるとかなり落ちにくいものなのですが、セルライトはその皮下脂肪よりさらに固くなって、しかも老廃物などの不純物まで巻き込んでしまっているので、かなり頑固な状態になってしまっているわけですね。

肌がボコボコしてしまうのはどうして?

よく「セルライトのあるところは肌がボコボコしてしまう」と言われますが、あれも「セルライトとなってしまった脂肪に柔軟性がないから、なめらかにはならない」と考えると、セルライトの頑固さがイメージしやすいのではないでしょうか。

たとえばセルライトが溜まった太ももなどをつまむとボコボコしたものが出ますが、たとえぽっちゃりさんでも「頬をつまむと頬がボコボコ」というのはめったにありませんよね。これは、頬は「物を食べたりしゃべったり」という感じでよく動かすので、頬周りの脂肪がセルライト化していないからです。

セルライト豆知識 『セルライトができやすい体質』

同じような生活をおくっていても、セルライトができるかどうか、というのには大きな個人差があります。

セルライトができやすい体質とは、どんな体質なのでしょうか?

「太っている人=セルライトができやすい人」とは限らない!

セルライトができやすい体質の人って、太っている人でしょう?」と思う人も多いですが、実はそうとは言い切れません。

なぜなら、太っていて体脂肪が多い状態であっても「あくまで普通の皮下脂肪が多いだけであって、セルライトはほとんどできていない」というケースも少なくないからです。

逆に、「やせている人=セルライトがない」とも言い切れません。見た目はスリムでも、太ももなどをよく見るとセルライトでボコボコしている、という人も居るんですよ。

●冷え体質の人はセルライトがとてもできやすい!

セルライトができやすい体質の筆頭格として挙げられるのが、「冷え体質」です。

「太っていようがやせていようが、冷え体質であればセルライトができやすいのは間違いない」と断言してもいいほど。

なぜ、そんなことが言えるのかというと「冷え体質の人は、冷えによる血管収縮などで血行不良が起こり、それがセルライトを招くメカニズムを生み出してしまう」という理由があるからです。

血液というのは、酸素と栄養を細胞に届け、さらに、細胞から出された老廃物を引き取って排出する、という役割を果たしています。これによって体の細胞は正常な新陳代謝を保つことができるわけですが、血行不良になると、その新陳代謝が上手くいかなくなるのです。

冷えで血行不良の状態が続くと、脂肪細胞の新陳代謝が乱れて変形し、その変形した脂肪細胞のすき間に、これまた新陳代謝が乱れて硬くこわばったコラーゲン繊維が入りこむような状態になります。そしてこの状態が続けば続くほど、脂肪層全体がどんどん硬く線維化してしまうんですよ。

やがて、硬い繊維となったコラーゲンが変形した脂肪細胞をまとめて包むような形になり、硬いボコボコができる=セルライト化してしまう、という流れになるのです。

●むくみ体質の人も要注意!

セルライトができやすい体質としては「(下半身が特に)むくみやすい人」というのも挙げられます。

女性は男性に比べて筋力が弱いので、「老廃物の混じった水分を脚から上にうまく押し上げきれずにむくむ」というケースも多いんですよ。この水分が冷えや老廃物の滞留を招き、セルライト発生につながっていくのです。

あと、女性のむくみは、水分の摂りすぎが原因になっていることも多いですね。「1日2リットルの水分摂取が必要だから」と、毎日2リットルのペットボトル1本を空けるような人も居ますが、あの水分摂取量は、料理も含めての総水分量ですので、料理とは別に2リットル飲む、というのは飲みすぎになりますよ。

>> セルライト豆知識 一覧